当麻鍾乳洞当麻鍾乳洞は天然記念物にもなっている貴重な場所です。

1億5千万年前のジュラ紀から、
地下水の溶蝕作用がつくりあげた石灰洞窟は、
学術的に見ても、とても貴重です。

時間をかけて出来た全長約135メートルの洞窟は
子どもたちにぜひ見せてあげたいスポットですよ!

鍾乳石ができるまで

鍾乳石は、どのくらいで成長すると思いますか?
3cm成長するのには、なんと約200年の歳月が必要なんだそうです。

よく見ると、いろいろな形も見られます。
それぞれの呼び名もあるそうです。

●つららと石と石筍がつながったもの 【石柱】
●天井や壁からしたたる石灰水が薄い膜状になったもの【カーテン】
●天井から同じ太さでパイプ状につらなるものを【鍾乳管】
●天井から落ちる水滴がたけのこのように高くなっていくもの【石筍 】

当麻鍾乳洞伝説

当麻鍾乳洞2鍾乳洞はひんやりと冷たく薄暗い雰囲気です。
ところどころライトアップされている場所には
それぞれ名前が付いていて
小銭を投げ入れている人もいました。

当麻鍾乳洞には、伝説があるらしいですよ。

むかしむかし、このあたり一帯がトウ・オマと呼ばれていた頃のお話です。
 雲の中から突然2頭の夫婦龍があらわれ、大空を飛んだり、
またある時は、大地をかけ回ったりしているところを先人たちが見て、
その龍を自分たちの 守り神にし、この地の発展を願ったといいます。
龍神が休む所、それが当麻の鍾乳洞(蝦夷蟠龍洞)と伝えられています。

 (引用 http://www.densukesan.net/ )

当麻鍾乳洞は、混んでいなければ
何周も回っていいそうなので
興味がある方はじっくりとみてまわるといいですよ!

住所

〒078-1341 上川郡当麻町開明4区
TEL:0166-84-3719

営業時間
  

午前9時00分~午後5時00分
(10月下旬~4月下旬)

料金
  

高校生以上500円 小中学生300円 

世界中で高い人気の日本酒「男山」の歴史がわかる「男山酒作り資料館」

こちらもチェック!