陶芸,渓雪窯渓雪窯』は、旭丘地区の北の嵐山と呼ばれるところにあります。
北の嵐山には『渓雪窯』だけでなく、『大雪釜』、『千尋窯』などの工房が集っている地区です。
それぞれにの良さがあるので、工房めぐりをしてみませんか?

 

結晶模様が素敵な『渓雪窯』

『渓雪窯』は、1973年に高橋武志氏が開窯した窯です。
高橋武志氏が亡くなった後、お弟子さんの斎藤彰陽郎氏が受け継いでいます。

『渓雪窯』の器は、冷却時に生成される模様をいかした結晶釉と呼ばれる模様の作品が特徴です。
この結晶釉は、自然に出る結晶模様なので、同じものがないのがいいですね。
『渓雪窯』は、北海道の自然を器に表現しているのが特徴です。

陶芸,渓雪窯    陶芸,渓雪窯 

 

陶芸体験

◎テーマは自由です。

◎手びねり造形、たたら作り
(粘土800g)

◎金額
20名以下    ⇒1名につき 1800円
団体21名以上  ⇒1名につき 1500円  
(受け入れ可能人数 2名~45名)
 
◎時間
約2時間
(完成した作品は一ヶ月~くらいに送ってくれます。)

◎要電話予約

場所

北海道旭川市旭川市旭岡2丁目8-7

TEL/FAX
0166-51-8240

営業時間
10:00~18:00

定休日
無休 (年末年始・臨時休業あり)

こちらもチェック!