田舎そば たちばな」は
東川にあるお蕎麦屋さんです。東川たちばな看板

「挽きぐるみ」と呼ばれる、そば殻まですべてを
挽いた自家製粉を使用するこだわりと
ゆったりと食事ができるような雰囲気のあるお店です。

黄色い旗が目印

東川線をまっすぐ走ると、黄色いのぼりがでてきます。
その旗が、営業日の目印で
すぐ横の道を少し奥へ入ると
田舎そば たちばな」はあります。

たちばな 東川 そばまるで実家のような…なんだか懐かしいような…
そんな民家造りの建物です。

玄関で靴を脱ぎ、中に入ると
室内もイメージ通りの民家の雰囲気。
ほっとします(笑)

たちばなの蕎麦

だしももちろん美味しいですが、
「田舎そば たちばな」のウリは
なんといっても麺にあります。

コシがあって、噛めば噛むほど
そば粉の香りを味わえます。

もう1つのこだわりは「蕎麦湯」。
蕎麦湯も、ただのゆで汁ではなくて
わざわざ蕎麦湯用にそばをゆでているんですよ。
見るからに濃いのがわかる白濁した
とろみのある蕎麦湯も、ぜひ堪能してみてください。

営業 

月・水~日 (11:00~売切閉店 )

1日30食限定で、営業時間前に
売切れてしまうこともあるので
早めにお店に行くのがおススメです。

住所 

東川町西町9丁目4-6

こちらもチェック!