新子焼き旭川名物「新子焼き」は
若鶏の手羽を含む半身をジューシーに焼いた、
旭川名物の焼き鳥です。

戦後から、庶民のソウルフードとして
親しまれてきた「新子焼き」。
焼くのに少し時間はかかりますが
手づかみで豪快に食べてほしい、絶品の味です。

「新子焼き」提供店舗

「新子焼き」は、全国を見ても
こんなに提供している店舗があるのは珍しいそうです。
一部、ご紹介しますね。

●焼き鳥専門 ぎんねこ  (5条通り7丁目)
●焼鳥らんまん      (5条通り7丁目)
●旭川やきとり ism    (3条通り6丁目)
●梁山泊 本店       (3条通り5丁目)
●居酒屋 いさお     (3条通り15丁目)
●三代目 かん太郎    (3条通り13丁目)
●鳥料理 小野木     (東旭川北1条6丁目)
●とり丸亭        (永山4条10丁目) 
●串焼き ぐぅ      (神楽4条11丁目)
●つくね屋 五右衛門   (末広1条5丁目)
●ヤキトリツヨシ神楽岡店  (神楽岡6条6丁目)
●焼きとり処 吉鶏亭   (大町2条3丁目)

同じ「新子焼き」でも、お店によって
味が違います。
それぞれのお店のこだわりをぜひ、食べ比べてみてください!

旭川スタイル

旭川スタイルとよばれる「新子焼き」の特徴は
たれで味付けしているところです。

たれづけなので、クリスマスのターキーや
チキンの代わりに食卓に出しても
喜ばれますよ♪

旭川名物「新子焼き」にかぶりつきましょう~!!

旭川と美瑛で知らない人はいない!?ご当地B級グルメ【ジュンドック】

こちらもチェック!